プラセンタとは

プラセンタは、胎盤と言う意味ですが、一般的には哺乳類の胎盤から栄養素などの成分を抽出した胎盤エキスをプラセンタと呼んでいて、あらゆる栄養素を含んでいます。具体的には、アミノ酸、タンパク質、脂質、糖質の他にビタミン、ミネラル、核酸、酵素、更には活性ペプチド、ヒアルロン酸などが含まれています。これは胎盤が、母親と胎児をつなぐ器官であるために、母親の栄養を胎児に送るための重要な栄養素が含まれています。

実際にプラセンタにはどのような効果があるのかと言うと、

  • 自律神経の調整
  • ホルモンバランスの調整
  • 組織修復作用
  • 抗アレルギー作用
  • 病気への抵抗力を高める
  • 抗炎症作用
  • 代謝を活発にさせる
  • 肝臓の働きを高める
  • 活性酸素を除去

などの効用がありますし、美容の効用としては、

  • シワやシミの改善
  • 美肌効果
  • 疲労回復
  • 新陳代謝

に効果があるとされています。そのため特に美容で悩む女性にはプラセンタはとても人気の高い成分とされています。

この人気の高いプラセンタには、次のようなものがあります。

  • 注射や点滴
  • サプリメント

などです。これらの様々な状態のプラセンタですが、実際にどの程度のスピードで、且つ効果があるのかということをご説明します。

注射や点滴のプラセンタ

注射や点滴のプラセンタは注射や点滴を利用して直接体内にプラセンタを注入します。直接プラセンタを取り込むので、即効性という点ではプラセンタのサプリメントと比べると、圧倒的に早く効果が出るということが出来ます。ただし、即効性がありますけれども、逆に持続期間はあまり長くなく、1度の注入で2日ほどが実際の持続期間になります。したがって、プラセンタの効果を持続させるためには、週に2〜3回病院に通院をして、プラセンタを注入してもらうということになると思います。実際に効果がどのくらいで現れてくるかというと、こちらは個人差がありますけれども、早い人はプラセンタを注入して直後には効果があります。一般的には3〜5回ほどプラセンタを注入してもらうと、実感として感じるだろうとされています。

サプリメントのプラセンタ

サプリメントのプラセンタを服用した場合にはどのくらい効果があるのかということについてですが、注射や点滴のプラセンタと比べると即効性はありません。また、サプリメントのプラセンタの目的としても、すぐに効果があるように製造されているわけではなく、あくまでも毎日習慣として服用するために製造されています。したがって、効果としては毎日服用してじっくりと効果が現れてくるというものです。

実際の効用期間についても、個人差がありますので、一概には誰もが同じような効用があるとは限りませんが、肌のハリや美肌効果、ほうれい線の改善等など美容的な効果については、1〜2週間ほどで効果があるとされています。また、心身の疲労回復や体調の変化度の効果があるとされているのは、1ヶ月程度です。また、更年期障害といった身体の弱った部分を回復していく場合には3ヶ月ほどかかるとされています。

サプリのプラセンタのメリットについては、ポイントが持続して服用し続けるというものですので、持続をして服用していれば、効果はずっとあるということです。それは服用していれば、プラセンタの有効成分や栄養素が身体に浸透していきます。また、病院などにはいかずに自分でサプリメントとして服用しますので、自宅でプラセンタを摂取することが出来ます。ただ、注射や点滴とは違って直接に身体に注入はしませんので、即効性がないというのが、サプリメントのプラセンタのデメリットと言えます。